にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

博多に住みたい~豊永阿紀推し駆け出しあしゅらー日記~

岡本尚子さんが卒業し、箱推し兼あしゅらーとなった就活予備生のブログ

ミニコラム③~津久井やまゆり園殺人事件から一年~

差別をなくしたいという言葉はきれいごとなのだろうか?

 一年前、朝起きてテレビをつけ愕然とした。神奈川県相模原市に位置する障碍者施設津久井やまゆり園の様子を映し出していた。その時点では何人の命が奪われたか具体的な人数はわからなかったが、複数人が死傷したことを報じるテレビ画面の向こう側の様子から、事件の重大さが伝わってきた。テレビでその報道を見た時、誇張ではなく「スッ」と頬に涙がつたったのを覚えている。一夜のうちに行われた非情な殺人の現実を直視できなかった。

 犯人の植松聖被告は一夜にして19人もの施設入所者を殺害した。「障碍者は不幸の元なのだ」。植松被告が言い放った言葉である。植松被告は事件前に「世界が平和になりますように beautiful Japan」とSNSに投稿した。植松被告の中で想像される世界平和には障碍者は入ってなかったらしい。一部の人を排除する平和が平和と呼べるのか?非常に安直な思考からくる世界平和である。

 今回の事件が他の事件と比べて特異なのは、被害者の実名が一部を除いて公表されていない点だ。警察庁は事件の大きさに加え、遺族への差別などを考慮して被害者の実名を公表しない方針を示している。これは裁判においても同様であり、横浜地裁は被害者匿名で公判をする方針を固めた。遺族への配慮という点はわかる。しかし家族以外に世間に知られることがなく19人の命がこの世から消えたのである。名もなき人が19人死んだという認識で本当によいのだろうか?その点には疑問が残る。しかし現実的な問題として、被害者の名前を公表すれば、遺族への要らぬ差別・関心が向くことは目に見えている。愛する人を失ってなお傷つきたくない。その気持ちは私たち第三者には推し量ることができないことなのであろう。

差別をなくしたいという言葉はきれいごとなのだろうか?私はそれをもう一度問いたい。

 

度々駄文をすみません‥

 

ミニコラム② 奨学金制度について

奨学金制度についてどのようなイメージを持っているだろうか。1998年には全国で奨学金を借りている学生は約50万人であったが、2013年には約144万人まで増加している。学生の約4割が奨学金制度を利用し、使うことが当たり前なものとなっている。学問に励むためのお金がない。そんな学生の救済措置となっているのが奨学金制度なのである。

しかし本来救済措置であるこの制度が学生の首を絞めている現状が問題となっている。大学卒業後に待ち受ける奨学金の返済が就職した学生の家計を圧迫しているのである。現在給付型の奨学金制度を利用できるのは極少数である。奨学金を借りる学生のほとんどが、無利子または有利子の貸与型の奨学金を借りている。貸与型の奨学金には勿論返済義務がある。しかしその返済がままならない若者が急増している。その背景には日本の雇用状況の悪化によって収入が安定しない若年層が増加しているという問題があるこの。低賃金から毎月1~2万円が天引きされれば忽ち生活は立ち行かなくなる。またブラック企業に勤めたがために、心身を病み、職を失い、返済が滞るケースが多発している。返済したくてもできない現状があるのだ。

この問題に対しての政府の対応は不十分だ。政府は新しく給付型奨学金制度を2018年度から導入することを昨年12月に発表した。しかしこの奨学金は全学生の2.6%にしか行き渡らない。このままでは現状は変わらぬままである。そもそも日本は国の教育への投資が先進国の中で極端に少ない。その一方で大学授業料は他国と比較しても高額である。給付型を導入するとしても更なる受給枠の拡大をすべきである。また国の教育への投資を増やし、国公立、公立の授業料の増加に歯止めをかける努力をすべきである

 

 

書いていて

政府に求めることとJASSOに求めることが違うことが整理できた。

JASSOは返済に対する免除・猶予制度をより周知し発信していくべきだし、有利子より無利子の奨学金の割合を増やすべきである。

そもそも民間企業で、利益重視の奨学金制度が学生の助けになっているのか甚だ疑問である。

 

 

 

駄文ですはい(笑)

時たまここにコラム的に文章吐き出します。

もはやオタブログなのか非常に怪しい。

ミニコラム①ベター・ハーフ ネタバレありです。

ベター・ハーフ感想戦

先日鴻上尚史さんが手がける『ベター・ハーフ』という演劇を鑑賞した。PR会社社員の諏訪とその上司沖村、アイドルを目指しデリヘルで働く遥香トランスジェンダーである汀、四人が織りなす複雑な恋の物語である。この演劇は現代社会の写し鏡である。劇中で取り上げられているのは、「出会い系での恋愛」「トランスジェンダー」「売れないアイドル」と現代社会において当たり前になりつつあることである。一世代前なら現実味を帯びていなかったかもしれない。「今」上演するからこそ観客は共感しやすく、そして劇の世界に入り込みやすいのかもしれない。

劇中で印象的なシーンがある。諏訪に別れを告げられた汀は歌の上手さを買われて歌手としてメジャーデビューする。諏訪と再び付き合い始めた遥香は汀の初めてのライブに行こうとしない。結局遥香は劇中ではアイドルとして有名になれない存在として描かれている。デリヘルまでして夢を追ったものの、それを応援していた親友にその夢を叶えられてしまう、なんともアイロニカルである。ただ、最後のシーンで遥香がマカオに飛び立つシーンは遥香の夢に対する決意がうかがえ「野心」が戻っていく様子が読み取れ、遥香の未来に可能性が感じられた。

最終的に諏訪は二人の女性を傷つけることになる。諏訪の判断は間違っているのかもしれないし、間違っていないのかもしれない。現実の世界でも相手に対する自分の気持ちがわからなくて迷走してしまう経験があると思う。諏訪はそんな男の日常を映している。天国で一つだった魂は現世に生まれるときに二つに分かれる。現世で天国時代の自分に出会うことがある、その相手とはとても相性が良い。この相手のことをベター・ハーフと呼ぶ。四人は結局それぞれのベター・ハーフを見つけきれずに劇は終了している。あなたは人生の中でただ一人と言える「ベター・ハーフ」を探せていますか?恋に真剣になれていますか?恋愛方法も多様化し、軽く恋愛を楽しむのが主流になりつつあるが、ベター・ハーフを見つける恋路も粋なものである。(850字)

 

 

上の文章は所謂経験と感情の文章化です。

何か書きたいと思う気持ちをこれから大切にしていきます。

上に書ききれなかったことに触れると、もう一度見たいと思える演劇でした。

福岡の方是非みてください。そして感じてください。

鴻上尚史の世界がそこには広がっています。

 

ベター・ハーフ

夏就活は佳境に入りましたベイブです。合計35社ほどES提出しました。

落ちたところは名前あげます。

PLANB 面接落ち

西武ホールディングス野村総合研究所 ES落ち

上の三つともなぜ落ちたかだいたい、わかるので反省したいです‥

 

で今ES通過し選考中なのが

某メガベンチャー 電話面接

某道内メガベンチャー説明選考会

某銀行 GD+面接→最終面接

 

ただあと20社以上締め切り前やらなんやらで音沙汰なし。

佳境と言っても先は長い就活です。

ちなみに本日東京飛びます。夏のスーツとか死にそう。

 

さて

フレッシュコンサートやら連日公演生誕やら村重選抜やらで霞んだけど豊永阿紀さんがHKT10Thシングル選抜入りですね!!おめでとう!!

運営も最近無能だけどここはきちんとあきちゃん入れてきた。

あしゅらーとしてはうれしい限りです。

なんか色々書きたい話題はあるのですが時間がないですから今日はこの辺で‥

 

ちなみに題名は演劇からとりました。今日見ていきます。

少し真面目な記事を書こう

実は今日も某ベンチャー企業の説明会に行ってきました。

そこの会社の理念が「障害は個人の側でなく、社会の側にある」

この言葉にハッとさせられました。

僕が就活の軸としていることの一つに、マイノリティに寄り添うというものがあります。

 

社会の中の「障害」にはじかれている者に寄り添う仕事がしたい。

そしてそんな記事が書きたいと考えて今新聞記者を目指してます。

 

なぜ私がマイノリティにこだわるのか?それは自分自身がマイノリティだと思っているからです。

そんな経験を最近経験したからです。

今年の五月中旬頃か約二週間私はある病で苦しめられました。

アトピー性皮膚炎」

今記事読んでいる方で「は?」と思ったかた?

その感情とてもわかります。

 

自分もそう考えていたから、アトピーを理由になんて甘えだ!!って自分に言い聞かせて21年間生きてきました。

しかしその考えは約一か月前に一変しました。

段々と悪化しているということには気づいていました。

それのピークが五月中旬に現れました

「痒い」ことのつらさは多分本人にしかわからないです。実際私は「痒さ」で不眠になり体調を崩しバイトはおろか講義にも行けなくなりました。

私は21年間「ステロイド」一切服用しませんでした。そして今初めて服用したこともあって治りが早く、普通の生活を取り戻して就活できています。

僕の例はある意味稀有な例です。僕のアトピーは中度ですが、両親のおかげでだいぶ肌もきれいな状態です。FFさんに会う時もなんの抵抗もありません。人前にも躊躇せずでられます。

 

ただ全国には中度以上のアトピー性皮膚炎に苦しみ、失業している方寝たきりの方、はたまた軽度でもアトピーに苦しんでいる方は多いです。ネットで調べると多数相談が出ているのを見ても、それは明らかです。

その中には写真を挙げて誹謗中傷にはしるものもありました。

そうだよね、そりゃ誹謗中傷したくもなるよね?僕でさえ目をそむけたくなるもの。自分である程度は体験しているから‥、自分自身を見てる気がして。

でもやっぱり誹謗中傷するのは違くないですか??そういうところで写真挙げられてるのって本当に人生我慢していた人が多いと思います。治す努力も絶対したと思います。

その人の側に立ったら誹謗中傷の言葉なんてでてこないはずです。

 

アトピーって痒いだけでしょ??って言葉は間違いです。現代におけるアトピーは明らかに「障害」になって個人の生活を阻んでます。

食べたいものは食べれません。おしゃれも中々できません。仕事にだって、講義にだって行く気になりません。

 

 

私自身直近のこともそうですが、小学生の頃とにかくつらい思いをしました。

中学、高校、大学とその私の特異な点を指摘して笑う人とは会わず、本当に素敵な友達に恵まれました。ただそれは私が運が良かっただけと私は考えています。

 

ここまで書いて、あなたは今でもアトピーなんてって鼻で笑えますか??

 

 

ただ正直これに対して政府がなんかしろなんて、具体策なしでは言えません。

ここまで書いてきてお恥ずかしい限りですが。

 

このように日本社会には小さな障害から大きな障害まであふれています。

その障害に何かしらアプローチできる仕事に就けたらなと思います。

これが私がマイノリティに拘る理由です。

何が言いたいかって?

 

就活頑張ります(笑)ってことです

はいとりあえず40社エントリーして10社ES出してって感じです。

とりあえず初のお祈りメールきました。

はやくもくじけそう(笑)

まあぼちぼち頑張ります!!

では今日はこの辺で!!

ゼミ発表

実は今期はゼミに三つ入っていて忙しかったベイブです。

はい今日最後のゼミ発表が終わりました。

5/1 5/31 6/22と程よく日程を空けて、4月を犠牲にしましたが早めに発表したおかげであとはレポートとテストだけです。

今日は文化人類学のゼミ‥

テーマは「福岡の屋台」

はいこんなふざけたテーマも許されるのがフィールドワーク型文化人類学です。

天神駅でアンケートとか取ろうと思うので、暇な人は会いに来て欲しいです。まあ日程未定だけど‥

 

このゼミ準備に加えインターンのESなどで忙殺されてました。

第一のボーダーが迫ってます(6/28)。

時間がありません。

そしてインターンはとにかく数打つしかしかない!!ということで、エントリー30企業くらいしてます。

ちなみにES提出し終えた企業は‥

ハウステンボス

野村総合研究所

RKB

JR東海

イオンモール

そう全然出せてない(´;ω;`)

ちなみにもう一次面接を経験してます。

上とは別にPlanBというベンチャー企業の面接受けました。

うん、落ちたと思う。

やっぱり就活の鬼門は面接だね‥

 

直近提出予定は

西武ホールディングス

毎日新聞

日本経済新聞

北洋銀行

くらいです。

そう一応メディア志望なので、新聞社のES全力です。

そしてお気づきだろうか。

BtoCばっかだ(笑)

だから今コンサル系のエントリーしてます。

できれば、今夏は2~3のインターンに行きたいです。

受かれば!!

 

もう一度言います!!

受かれば!!!!

PlanBさんの面接で心折れました。

あと玉手箱でイオンモールをES出す前に詰んだようなものです。

就活怖いつらい

でも東京の就活生はもう動いているんです!!

北海道の学生はのほほんとし過ぎと言われるので‥

負けずにせーので頑張ります。

 

さてそんな多忙な中でも、選抜総選挙はきちんと情報を追いました。

まずは

 

豊永阿紀79位おめでとう!!!!!!1

実は就活イベント中だったので、リアルタイムでは見てませんが‥

良いスピーチでした!!ただ「脅威」って言葉禁止なんですかね??

よくわからん。

 

で、さっしー三連覇!!

さっしーファンとしては嬉しい限り。一部で票読み下手とか言われてますが、さっしーのファンは総選挙に全力に成れるだけなのであまり気にする必要ないですよ!!誇りにしましょう!!

HKT勢はまあ可もなく不可もなく。

ただなつみかん→りこぴの流れには感動した。

個人的に一番驚いたのは、さりーの選抜入り。

スピーチにも心打たれた。速報が低かったし、去年も選抜射程内とはいえなかったし‥

まさに大逆転。さすが選挙に強い栄

 

で、りりぽんの結婚発表ですが。

もうなんか関心は薄れてます。

てか朝のワイドナショーがスキャンダル一色になるの日本らしいよね。

 

とにかく日本人ってマイノリティを叩きたがる習性があるし、それに加え人の失敗に鬼の首を取ったように反応するし。

とにかくプライバシーってないのかってぐらい情報が出回る。特にSNSの普及でそれが加速したよね。

晒しとかあんま見てて気持ちよくないよね。

 

 

総選挙の感想はこんな感じ。

 

 

とにかく!!ES頑張って書きます!!

 

インターン

6月ということでインターン解禁ってのは前のブログで書きましたが、そのESのための自己分析やらで忙しい毎日を送ってました。

 

うーん直近は6月23日締め切りのES

ニュース検定とTOEICもあるので忙しい、さらにゼミ発表もある。

ただバイトは減らしているのでなんとか頑張りたい。

あっちなみに四国のヒッチハイク無事成功しました。また記事にします。

 

総選挙の投票期間も迫る中、あおてん生誕祭でのなつあおおしめし、ネコラクロス部部長の一回限りのロッカールームボーイ、りおちゃんベル4期初アンダーとかいろいろ注目ポイントはあるのですが追いきれない状況です。

 

いまからゼミの準備です。

ではおやすみなさい!!