にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

少し真面目な記事を書こう

実は今日も某ベンチャー企業の説明会に行ってきました。

そこの会社の理念が「障害は個人の側でなく、社会の側にある」

この言葉にハッとさせられました。

僕が就活の軸としていることの一つに、マイノリティに寄り添うというものがあります。

 

社会の中の「障害」にはじかれている者に寄り添う仕事がしたい。

そしてそんな記事が書きたいと考えて今新聞記者を目指してます。

 

なぜ私がマイノリティにこだわるのか?それは自分自身がマイノリティだと思っているからです。

そんな経験を最近経験したからです。

今年の五月中旬頃か約二週間私はある病で苦しめられました。

アトピー性皮膚炎」

今記事読んでいる方で「は?」と思ったかた?

その感情とてもわかります。

 

自分もそう考えていたから、アトピーを理由になんて甘えだ!!って自分に言い聞かせて21年間生きてきました。

しかしその考えは約一か月前に一変しました。

段々と悪化しているということには気づいていました。

それのピークが五月中旬に現れました

「痒い」ことのつらさは多分本人にしかわからないです。実際私は「痒さ」で不眠になり体調を崩しバイトはおろか講義にも行けなくなりました。

私は21年間「ステロイド」一切服用しませんでした。そして今初めて服用したこともあって治りが早く、普通の生活を取り戻して就活できています。

僕の例はある意味稀有な例です。僕のアトピーは中度ですが、両親のおかげでだいぶ肌もきれいな状態です。FFさんに会う時もなんの抵抗もありません。人前にも躊躇せずでられます。

 

ただ全国には中度以上のアトピー性皮膚炎に苦しみ、失業している方寝たきりの方、はたまた軽度でもアトピーに苦しんでいる方は多いです。ネットで調べると多数相談が出ているのを見ても、それは明らかです。

その中には写真を挙げて誹謗中傷にはしるものもありました。

そうだよね、そりゃ誹謗中傷したくもなるよね?僕でさえ目をそむけたくなるもの。自分である程度は体験しているから‥、自分自身を見てる気がして。

でもやっぱり誹謗中傷するのは違くないですか??そういうところで写真挙げられてるのって本当に人生我慢していた人が多いと思います。治す努力も絶対したと思います。

その人の側に立ったら誹謗中傷の言葉なんてでてこないはずです。

 

アトピーって痒いだけでしょ??って言葉は間違いです。現代におけるアトピーは明らかに「障害」になって個人の生活を阻んでます。

食べたいものは食べれません。おしゃれも中々できません。仕事にだって、講義にだって行く気になりません。

 

 

私自身直近のこともそうですが、小学生の頃とにかくつらい思いをしました。

中学、高校、大学とその私の特異な点を指摘して笑う人とは会わず、本当に素敵な友達に恵まれました。ただそれは私が運が良かっただけと私は考えています。

 

ここまで書いて、あなたは今でもアトピーなんてって鼻で笑えますか??

 

 

ただ正直これに対して政府がなんかしろなんて、具体策なしでは言えません。

ここまで書いてきてお恥ずかしい限りですが。

 

このように日本社会には小さな障害から大きな障害まであふれています。

その障害に何かしらアプローチできる仕事に就けたらなと思います。

これが私がマイノリティに拘る理由です。

何が言いたいかって?

 

就活頑張ります(笑)ってことです

はいとりあえず40社エントリーして10社ES出してって感じです。

とりあえず初のお祈りメールきました。

はやくもくじけそう(笑)

まあぼちぼち頑張ります!!

では今日はこの辺で!!